SE転職のおすすめサイトをランキング|高収入・高年収を狙えッ!

【厳選2社】ゲームエンジニアにおすすめの転職エージェント

2017/11/19

ゲーム業界の転職をお考えですか?

そもそもゲーム業界はどこの会社をさしてるの?

ゲーム業界とは大きくわけて3つに分類されます。①「ゲーム機器・ソフトメーカー」②「オンラインゲーム・ソーシャルゲームメーカー」③「ゲームセンタのアーケードゲームメーカー」です。ゲーム業界は、年率5%程度で成長している産業です。なかでも最近はスマートフォンの普及によりオンラインゲームの市場が大きく伸びています。

具体的には以下をイメージしていただければと思います。

区分 対象業界 ゲーム会社
ゲーム機器・パッケージソフトメーカー いわゆるコンシューマー向けの家庭用のゲーム機を発売しているメーカーになります。 Wii、PlayStation、Xbox、DS等が対象になりますので、任天堂、ソニー、マイクロソフト等が該当します。従来は、ハード機器に対応してパッケージソフトを購入してそのハード機器のみで遊ぶ形でしたが、現在はインターネットでオンライン接続して世界中の人と遊ぶスタイルに変わりつつあります 【ハード系】

任天堂、ソニー、マイクロソフト

 

【ソフト系】

スクエア・エニクス、コナミ、カプコン、バンダイ等

 

 

オンラインゲーム・ソーシャルゲームメーカー 最近ではスマートフォンが幅広い年代に普及したことで、PC、Wii、PlayStation、Xbox、DS等の家庭用ゲーム機の他に、iPhone(AppStore)、Android(GooglePlay)等の端末を使用してネットに接続して遊ぶゲームが浸透しています。アプリをインストールして無料で手軽にできるゲームです。 ガンホー、ミクシー、コロプラ、enish、Klab、クルーズ等
ガラケー向けゲームメーカー フィーチャーフォン(ガラケー)によるゲームです。ミクシー、GREE、モバゲ(DeNA)等からアクセスして遊ぶソーシャルゲーム(ブラウザゲーム)が該当します。 DNA、ミクシー、サイバーエージェント、グリー等
ゲームセンタ向けアーケードゲームメーカー ゲームセンターに置いてあるゲーム機を指します。 コナミ、カプコン等

ゲーム業界の売り上げトップ10と年収

インターネット情報等を集約してみると以下のとおりとなっています。目安として確認してください。

(売上)

会社名 売上高
ソニー・コンピュータエンタテインメント 約8000億円
バンダイナムコグループ 約6000億円
任天堂 約6000億円
サイバーエージェント 約3000億円
コナミ 約2000億円
ガンホー・オンライン・エンターテイメント 約2000億円
ネクソン 約2000億円
スクウェア・エニックス 約2000億円
ミクシィ 約1000億円
ディー・エヌ・エー 約1000億円

(年収)

平均年収は30代前半~後半にかけてになります。なお、ゲーム業界、特に中小のオンライン向けゲーム会社の場合はヒットするゲームを生み出せるか、そこから利用者に課金させることができるかで業績が大きく変わってきます。そのため、ボーナスを中心として年収の変動幅が大きいとお考え下さい。

会社名 平均年収
任天堂 約850万円
サイバーエージェント 約800万円
コナミ 約700万円
ガンホー・オンライン・エンターテイメント 約650万円
ネクソン 約550万円
ミクシィ 約700万円
ディー・エヌ・エー 約750万円
GREE 約750万円
カプコン 約600万円
KLab 約500万円
クルーズ 約500万円

ゲーム業界への転職に強い転職エージェントは

そんなゲーム業界を目指したい人が登録すべきおすすめの転職エージェントを紹介します。いずれもIT業界特化型の転職エージェントであり、その中でもゲーム業界に強い2社になります。

★WEB・ゲーム業界に特化した人材紹介会社 アールストーン

アールストーンのホームページを見てみると取引企業が一部が掲載されています。皆さんがお馴染みのDaNAやdwango、istyleなど有名企業が揃っています。また、2016年には、「グッドエージェント賞2016」(リクルートキャリア主催)にて金賞を受賞しているとのことです。

転職エージェントを利用するポイントはいくつかありますが、キャリアコンサルタントの質を重視したい人にとって、実際の利用者の体験談は気になります。「グットエージェント賞」は転職紹介人数との実績ではなく「求職者に対して、転職者や採用企業のことを考えて、転職エージェントとしての役割を果たしたか」という評価基準を元に、有識者による審査で選ばれています。

また、注目ポイントはアールストーンの年収アップの実績です。アールストーン経を利用して転職した人は、平均で年収が約50万弱アップしているとのことです。さらに一年後には約1500万アップしたというデータもあります。アールストーンに登録する人の平均年収が約500万とすると、年収をすぐに1割以上アップ、5年後の3割アップとう結果を出していることになります。ホームページにも記載されていましたが、アールストーンは5年後を見据えてキャリアアドバイスをする方針とのことで、目先の利益のために強引に転職を進めるエージェントとは異なるようです。

アールストーンの口コミ・評判は?

それでは、多く寄せられているアールストーンの評判・口コミについて検証していきます。大きく分けて以下の3ついての言及がありました。

  • 希望とのマッチング度が高い
  • 丁寧かつ実力あるキャリアコンサルタント
  • 年収のアップ率が高い
転職希望者Aさん
担当のキャリアコンサルタントが素晴らしい方で、わたしのキャリアプランについて5年後を意識してキャリアカウンセリングをしてくれました。ここのエージェントは、とにかく紹介して転職させれば良いといったエージェントとは違います。ここと併用して利用したとても有名な大手は、とにかく面接を受けることを進めてきましたが、ここは驚いたことに、最初にキャリアプランを提案してくれた中で、選択肢の1つに転職せず今の企業で経験を積むという提案を行ってくれました。ほんとに一人一人のキャリアプランを考えて提案してくれてるのだと感じました。
転職希望者Bさん
現職のパワハラで精神的に追い込まれており、とにかく直ぐに転職したいと電話で伝えました。その後すぐに面談をセットいただき、3時間近くも面談に時間をかけて話を聞いてくれました。他のエージェントでは企業を次から次へと紹介してきたが、アールストーンはまず、悩み・希望などをしっかりと聞いてくれます。そして最終的にマッチしそうな会社を選んでくれるのです。アールストーンの担当コンサルタントは自らを「キャリアドクター」と呼んでいるようですが、これは転職者の悩みや希望を受けて、5年・10年といった長期スパンで「処方箋」を提示するという方針をもっているからのようです。
転職希望者Cさん
上司との関係がギクシャクして、正当に評価されていないと感じたため、3社の転職エージェントに登録しました。新卒から今の会社に居たので、転職市場で自分がどのように評価されるのか、とても不安でした。応募前から大体年収がどれ位アップするか教えてもらい、その後、年収アップの交渉もしてくれました。最終的に100万以上も年収がアップしました。人間関係もリセットできたし、もっと早く転職すれば良かったと思いました。

アールストーンについていかがでしたでしょうか?ゲーム業界を希望している方であれば、おすすめの1社です。是非、ご登録してみてください。

>>公式ホームページはこちらから



★IT・WEB・ゲーム業界に特化したギークリー




2社目のご紹介は、ギークリー(Geekly)になります。ギークリーもゲーム業界にかなりの強みを持っているエージェントになります。ギークリーは、採用の数だけに注目し、機械的・場当たり的なマッチングを行わず、本当に価値のあるエージェントだからこそ実現できる「マッチング」を追求し提供しているエージェントになります。ギークリーは、業界に特化したキャリアコンサルティングを行い、業界の主要な会社と太いリレーションを築いており、各社のカルチャーや働き方など、求人票だけでは読み取れない情報を提供しています。ゲーム業界にも太いパイプを持っているようです。求人数は6,000件以上あり、ゲーム業界を含めて十分な求人をもっています。一般には出回らないレアに求人もあるようですので登録して損することがないエージェントだと思います。

ギークリーの口コミ・評判は?

転職希望者Cさん
前に勤めていた会社は新卒で最初に受かった会社でした。事務職での採用でしたがなぜかシステム配属となりました。社内SEとして勤務していましたが、仕事内容は社内システムの導入、構築、運用、保守等、多岐に及びました。毎日24時くらいまで仕事でしたが、何年か経ったら21時くらいには帰れるようになりました。残業代の申請は月10時間程度までしか認めてもらえず、完全にブラック企業でした。会社が休みの時にシステムの移行などが予定されていたら、休日出勤を行い、振替休日も取れないことが多かったです。人間関係は悪くなかったが、上司でさえ、メンタルヘルスで退職するなど、常に何かしらの問題がありました。そんな中、ギークリーに相談を行い、システム系の企画業務で転職を勧めてもらいました。自分は、一般的なSEよりもスキル不足なため、転職先が限られていますが、キャリアコンサルタントが親身にマッチングするところを探してくれました。今は、メーカーのシステム企画部門にいますが、満足しています。
転職希望者Dさん
元々IT系の人材派遣会社のアドバイザーとして働いていましたが、現場側にまわろうと思ってSEに転職を決意し、退職しました。大学時代に興味があったので、Javaの知識はありました。某大手エージェントで転職先を見つけてすぐ転職が決まりましたが、仕事を任されることもなくただ放置されていました。やっと仕事をもらったはいいものの全くわからず・・・。他の人のミスを押し付けられ半年で辞めました。ブラック企業は避けたいと考え、今度はギークリーを利用しました。SEとIT系のアドバイザー2社内定をもらいました。最終的にギークリーのキャリアコンサルタントと相談をして、ITアドバイザーを選択しました。ギークリーは大手と違い、単に適当な企業を勧めてはきません。良いキャリアコンサルタントが出会えたギークリーに感謝します。

ギークリーについていかがでしたでしょうか?ゲーム業界を希望している方であれば、こちらもおすすめの1社です。是非、ご登録してみてください。

>>公式ホームページはこちらから



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


おすすめ転職エージェント
【レバテックキャリア】IT・Webエンジニア専門エージェント
IT系の転職では一押し!一人一人を丁寧にサポートしてくれます。
【メイテックネクスト】ものづくり系エンジニアの転職エージェント
ものづくりエンジニア転職に実績あり!面談転換率65%以上!
【マイナビクリエイター】クリエイティブ職の転職に強い
マイナビ系列のIT特化型!
【TechClips】ITエンジニアのための転職エージェント
VR、AI(人工知能)、機械学習、データサイエンティスト!
最近の投稿