SE転職のおすすめサイトをランキング|高収入・高年収を狙えッ!

【30代】ITエンジニアの職種別の年収を比較

2017/11/14

今回はITエンジニアの年収について検証したいと思います。

ITエンジニアの平均年収はどれくらいなの?

ソフト系ITエンジニア|30代前半

少し前、と言っても2015年ほどのデータですが、30代前半正社員では、ソフトウェア関連を担当してるITエンジニアで平均年収は約550万円ほどです。ただし、詳細を見てみると、同年代でも年収の差異は明らかで、職種によって異なるようです。ソフト系の中では、年収600万円を超えると言われるのが「コンサルタント、アナリスト職」「システム開発(ファームウェア・制御系)」「ネットワーク系(LAN・Web系)」「研究、特許、技術マーケティング、品質管理」「通信インフラ設計・構築」言われています。いずれも、約650万円ほどでITエンジニアの中では高い方に分類されるみたいです。反対に、500万円以下の職種は「パッケージソフト・ミドルウェア開発」「運用、監視、テクニカルサポート系」のようです。

同じITエンジニアでも高い職種と低い職種で年収差は約150万円あり、その差は2割に達します。単にソフト系のITエンジニアといっても、技術や知識の専門性の高さ、企業収益の寄与度、市場の需要と供給等により、職種間格差が生まれている考えて良いでしょう。

これまで「コンサルタント」系が特に高い年収を示す傾向が見られましたが、近頃は「ネットワーク設計・構築(LAN・Web系)」がコンサルタントを超えるまでになっているとのことです。企業のITシステム投資が進む中で、より専門的スキルを保有する社内LAN等のネットワーク系やインターネット、Web系の人材のニーズが高まっている状況を反映しているようです。確かに、Web系で言うとEC関連でJはJavaやPHPを使える方が特に需要が高まっているみたいですね。

[ソフト系|30代前半]

職種 平均年収
ネットワーク設計・構築(LAN・Web系) 約650万円
通信インフラ設計・構築(キャリア・ISP系) 約640万円
コンサルタント、アナリスト、プリセールス 約630万円
研究、特許、テクニカルマーケティング、品質管理 約630万円
システム開発(マイコン・ファームウェア・制御系) 約610万円
システム開発(Web・オープン系) 約530万円
社内情報システム、MIS 約530万円
システム開発(汎用機系) 約530万円
パッケージソフト・ミドルウェア開発 約500万円
運用、監視、テクニカルサポート系 約500万円

 

ソフト系ITエンジニア|30代後半

次は30代後半です。30代後半になるとソフト系の平均年収が約670万円になります。これは、30代前半から約20%アップです。30代の前半とは異なる順位になっていますね。

平均年収の最高値と最低値の差は、約260万円で、30代前半よりも開いています。一般に、30代後半は職種や企業規模によって所得格差が拡大する年代と言われていますが、その傾向が如実に現れているようです。

[ソフト系|30代後半]

職種 平均年収
サービスエンジニア 約840万円
パッケージソフト・ミドルウェア開発 約700万円
ネットワーク設計・構築(LAN・Web系) 約660万円
システム開発(マイコン・ファームウェア・制御系) 約640万円
研究、特許、テクニカルマーケティング、品質管理通信 約630万円
システム開発(Web・オープン系) 約620万円
運用、監視、テクニカルサポート、保守 約590万円
システム開発(汎用機系) 約570万円

 

ハード系ITエンジニア|30代前半

ではハード系の平均年収について見ていきましょう。30代前半の平均は約550万円となっています。同年代のソフト系との差はありませんね。ハード系は最近の製造業(特に、自動車・機械・電気)の好調を反映して、ソフトを上回るかと思っていましたが、ソフト系とほぼ同じとなっています。

ハード系で年収600万円以上貰えるのは「研究、特許、テクニカルマーケティング」「生産技術、プロセス開発」の2職種のようです。反対に500万円未満の職種は「サービスエンジニア」「品質管理・保証、生産管理等」です。

中には、最低年収では200万円というエンジニアいるようですが、昨年の国税庁調査で年収200万円以下の人が1000万人を越えたことが話題になっていました。給与格差社会の現実が反映されていますね。30代前半で年収200万円は、アルバイト、パート、臨時雇いかと思われます。非正規雇用が20代の若者だけの問題ではなく、30代でも拡大していることがわかりますね。

[ハード系|30代前半]

職種 平均年収
生産技術、プロセス開発 約640万円
研究、特許、テクニカルマーケティングほか 約630万円
回路・システム設計 約600万円
半導体設計 約570万円
光学技術 約530万円
セールスエンジニア、FAE 約530万円
制御設計 約530万円
機械・機構設計、金型設計 約530万円
品質管理、製品評価、品質保証、生産管理 約490万円
サービスエンジニア 約480万円

 

ハード系ITエンジニア|30代後半

30代後半のハード系では「セールスエンジニア」が平均約830万円、「半導体設計」が平均年収約700万円と平均より高くなっている。セールスエンジニアでは30代前半と比べてプラス300万円、半導体設計でプラス230万円の伸びとなっている。30代後半から管理職となってくることで大きく年収が伸びる傾向にあるのだろう。

[ハード系|30代後半]

職種 平均年収
セールスエンジニア 約830万円
半導体設計 約700万円
生産技術、プロセス開発 約650万円
回路・システム設計 約630万円
光学技術 約630万円
研究、特許、テクニカルマーケティング 約600万円
コンサルタント、アナリスト、プリセールス 約570万円
制御設計 約570万円
品質・生産管理、製品評価 約570万円

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


おすすめ転職エージェント
【レバテックキャリア】IT・Webエンジニア専門エージェント
IT系の転職では一押し!一人一人を丁寧にサポートしてくれます。
【メイテックネクスト】ものづくり系エンジニアの転職エージェント
ものづくりエンジニア転職に実績あり!面談転換率65%以上!
【マイナビクリエイター】クリエイティブ職の転職に強い
マイナビ系列のIT特化型!
【TechClips】ITエンジニアのための転職エージェント
VR、AI(人工知能)、機械学習、データサイエンティスト!
最近の投稿