SE転職のおすすめサイトをランキング|高収入・高年収を狙えッ!

SEが事務職に転職する場合のアピールポイントは?

2018/01/09

 

↓↓↓ 事務職に転職したい方の転職エージェントはコチラ ↓↓↓

リクルートエージェント

SEの仕事をしている人の中では、過酷な長期間勤務やクライアントからの厳しい要求に疲れてしまっている人も少なくない。そしてそのような方の中にはもうSEを止めて淡々とルーチンワークを行っていればよい気楽な事務職に転職しようと考える人も少なからず存在するのである。しかし、現在の就職事情において基本的に定時で退社できる事務職は比較的人気が高く、それ程給料が良くなかったとしてもなかなか入れないケースも少なくない。ここでは、今までSEを経験してきたが事務職へ転職したいと考えている人に対し、どのようにすれば事務職への転職を成功させることができるかを紹介する。

事務職に転職したい方のアピールポイントは?

事務職は日々決められた仕事をこなせばよいので簡単な仕事のイメージがあるが、採用の際には資格を持っているかいないかで差がついてしまう傾向がある。英検やパソコン検定、簿記、秘書検定等、事務職の採用試験を受ける際に1つの判断材料となる資格は沢山あり、このような資格を持っている人が数多く受けるような会社においては採用枠を勝ち取ることは簡単ではないのである。では、このような資格をあまり保有していないSEが事務職へ転職するのは難しいのか、というと必ずしもそうではない。確かにSEはこのような資格は保有していないが、SEにはSEならではのシステム設計や開発能力、プログラミング能力がある。事務職なのに何故システムのスキルが関係するのか、と思われるのは当然かもしれないが、事務職の現場においてはこのシステム開発能力が実は必要とされ、有益な武器と成り得るのである。

特に必要はスキルは?

事務職の仕事では日々パソコンを使うが、パソコンの中で使う機能として比較的多いのはワードやエクセルである。そして、このワードやエクセルの操作はシステム開発の経験があるSEでなくても普通ある程度使える場合が多い。しかし、システム開発の経験がある人はこのワードやエクセルをもっと巧みに使うことができるのである。具体的には、事務職の人がワードやエクセルを使う場合、表計算や資料を作成するために利用することが多い。しかし、プログラミングの経験があるSE経験者は、このエクセルの中にあるマクロという機能を巧みに使いこなすことができるのである。エクセルが標準で持っている表計算等の機能は、一般的によく使うような内容については自動的に行えるようになっている。しかし、ちょっと複雑でイレギュラーなケースの場合、単純には対応できないため、人間が途中で色々と操作をしなければならないケースも少なくないのである。しかし、このようなケースにおいてSE経験者の場合はマクロを使って必要とされる処理をプログラム化して自動的に対応できるようにすることができる。マクロを使うとエクセルの裏側でVBというプログラミング言語を動作させることができるため、普通の人では手作業でしなければならないことも、全てプログラムに判定させ自動的にエクセルに行わせることができるのである。このように、プログラミングの経験があるSEはその技術によりエクセルを巧みに使いこなすことができる。そして、そのことは本人の仕事の能率を大幅に高めるだけでなく、周囲の事務職の方の負担を軽減させることにもつながるのである。よって、このようにシステム開発の経験があるからこそ持っている強みを面接時等でアピールすることで、SEの方は事務職への転職を有利に進めることができるのだ。

↓↓↓ 事務職に転職したい方の転職エージェントはコチラ ↓↓↓

リクルートエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


おすすめ転職エージェント
【レバテックキャリア】IT・Webエンジニア専門エージェント
IT系の転職では一押し!一人一人を丁寧にサポートしてくれます。
【メイテックネクスト】ものづくり系エンジニアの転職エージェント
ものづくりエンジニア転職に実績あり!面談転換率65%以上!
【マイナビクリエイター】クリエイティブ職の転職に強い
マイナビ系列のIT特化型!
【TechClips】ITエンジニアのための転職エージェント
VR、AI(人工知能)、機械学習、データサイエンティスト!
最近の投稿