SE転職のおすすめサイトをランキング|高収入・高年収を狙えッ!

【知らないと損】SE転職で採用率を高めるアピール法

2018/01/09

↓↓↓ 転職を成功させたい方はコチラ ↓↓↓

SE転職を考えるきっかけ

SEが転職を考えるキッカケとなるのが、会社の業績が悪化して経営不振に陥ったケースが多い。社内SEとして長年にわたって頑張ってきても、会社側がシステム開発に予算をつぎ込めなくなると、SEの仕事自体が大幅に減少することになる。それでも30歳前後のSEであれば、エンジニアとして仕事に対する意欲は強く、活躍の場を求めて転職を視野に入れるわけだ。そうしたSEが会社探しで重視するのが設立年度と社員の平均年齢で、両者のバランスが良い会社を選ぶ傾向がある。その理由としては、設立年数が長いにもかかわらず平均年齢が若い場合は、離職率の高さを表しているからである。実際、IT系にこだわって会社選びに時間をかけるよりも、Web系も選択肢にして転職を考えたほうが良い会社に巡り合う可能性が高くなっているわけだ。

転職面接でアピールすること

SEが転職活動を行う際には、転職エージェントや人材紹介会社などを利用するケースが多い。企業側の採用基準には会社によって差があるので、常にベストとなる自己アピールを考えておく必要がある。明確な志望動機や自己アピールができないと、たとえエンジニアとしての能力が高くても面接で落とされかねないからだ。一般的に求職者は技術スキルや資格などをアピールするが、それでは面接官に印象を与えることはできない。大切なことは、自分らしい特徴や強みを念頭に置きながら、どのような姿勢でシステム開発などに取り組んできたかを訴えることである。例えば、営業向けのシステムであれば、ユーザーに応じた高性能なシステムを開発してきたとか、高齢者向けの使いやすいシステムにしたとかである。そこには、常にユーザー目線の開発姿勢が現れており、自分のスタンスがハッキリしていることをアピールできるわけだ。そうすれば、面接側にとっても分かりやすいので、採用される確率が高まると言える。たとえ、直ぐに採用が決まらなくても、自分の強みをピンポイントでアピールし続けていれば、必ず必要とする企業に巡り合うものである。自分を必要とする企業の中には、全くの未知の分野の会社も含まれるので、転職の幅を広げておくことも大切である。

実はプロジェクトマネージャー(PM)が良い!

システム開発の現場が抱える悩みとして多いのが、優秀なPM(プロジェクトマナージャー)の不在である。優秀なPMがいなければプロジェクトの質を上げることは困難で、結果的に顧客の満足度につながらないわけだ。そうした悪循環の中では、SEのモチベーションを上げることはできないので、結果として惰性的な仕事にしかならない。そんな中、プロジェクトマネジメントをテーマにした会社も現れており、エンジニア出身のスタッフが実際の現場の問題点を踏まえつつアドバイスしている。そこでは、スキルとマインドのバランスが重視されており、顧客目線を優先したシステム開発を提唱している。昨今の若いSEの風潮としてはヤラされ感が強く、自ら積極的にアイデアを提案するマインドが薄れている。特にPM職にそれが欠けているのが問題で、チーム全体の志気の低下を招いているわけだ。実際、プロジェクトマネジメントのノウハウを導入した企業は、プロジェクトチームの志気を高めることに成功しており、結果的に顧客満足度の高いシステムを開発している。また、そこで教育を受けたSEは他の会社に転職する際にも、自分の強みをアピールできるので採用されやすいメリットもあるわだ。それ故、転職を考えはじめたら、PMについて省察してみるのも一つの方法である。

↓↓↓ 転職を成功させたい方はコチラ ↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


おすすめ転職エージェント
【レバテックキャリア】IT・Webエンジニア専門エージェント
IT系の転職では一押し!一人一人を丁寧にサポートしてくれます。
【メイテックネクスト】ものづくり系エンジニアの転職エージェント
ものづくりエンジニア転職に実績あり!面談転換率65%以上!
【マイナビクリエイター】クリエイティブ職の転職に強い
マイナビ系列のIT特化型!
【TechClips】ITエンジニアのための転職エージェント
VR、AI(人工知能)、機械学習、データサイエンティスト!
最近の投稿