SE転職のおすすめサイトをランキング|高収入・高年収を狙えッ!

やっぱり大手の方が良いの?さまざま点をチェック

2018/01/09

↓↓↓ とりあえず大手に転職したい方はコチラ ↓↓↓

リクルートエージェント

転職に対する風潮

ネット社会の到来は、SEやプログラマーなどのIT技術者の活躍の場を大きく広げることになった。何か新しいビジネスを始めようとする際には、ネット環境を使いこなすことなくして進まないという環境が出来上がったことも事実だ。外から見れば、華やかさなどばかりが目立つIT技術者だが、その実態については、やはりさまざまな問題を抱えていることもいうまでもないことといえるだろう。不平不満を持ちながらも目の前のことを必死にこなすSEやプログラマーが多い。最近では、ありとあらゆる業界で転職を積極的に受け入れる風潮があると感じる人も多いのではないだろうか。従前の日本の雇用現場にあった終身雇用制や年功序列型のシステムが崩壊したことも転職への抵抗感が薄れることを後押しすることにつながっている。IT関連業界や通信事業者においても、転職を好意的に考えるようになってきた。転職者を支援する転職サイトや転職エージェントが活況を呈していることも度々のように報じられている。

ベンチャーか大手か、どっち?

SEやプログラマーなどのIT技術者にとっても、勤務先がベンチャー企業か大手企業かによって、色々な状況が大きく変わることについては、承知しているはずだ。ベンチャー企業であれば、融通が利いたり、自らの意見が通りやすいというメリットがあることが特徴的といえるのではないだろうか。また、大手企業では、何人もの上司の検印をもらわなければ前に進まないような事案もあっという間に承認してもらえるというような利点もあるのだ。加えて、活躍の仕方によっては、直ぐに部下を持ったり、プロジェクトリーダーに抜擢されることもあるといえるだろう。自分のしっかりとした意見やアイデアを活かしたいのであれば、ベンチャー企業での勤務が良いかもしれない。しかしながら、ベンチャー企業が必ずしも良いとはいえない。安定という面では、大手企業の方が圧倒的に上回っている点は間違いない。万一、人間関係などのトラブルに巻き込まれてしまった場合には、配置転換などで事態打開を目指すことも可能だ。確かに自らのオリジナリティ溢れる提案などが採用されることは極めて少ないという点は否めないが、働きやすさという点では、大手の方が勝っているといえるだろう。

やっぱり大手のが待遇面はいい

ベンチャー企業から大手に転職したいというSEやプログラマーなどの技術者の数は多く、転職サイトや転職エージェントの登録数は増加の一途をたどっている。その理由については、勤務時間の多さを挙げる人も少なくない。ベンチャー企業では、まだまだサービス残業が当たり前ともいわれるような状態が続いており、業界全体で取り組まなければならない問題として取り上げられる。ブラック企業と呼ばれるIT企業も多く存在しており、課題は山積しているともいえる。ライフワークバランスとは程遠い環境のIT企業や情報通信事業者には、直ぐに是正を求めることも重要である。ベンチャー企業から大手企業への転職を希望する人の多くが、収入面の充実を訴えることが多い点も注目される。ベンチャー企業では、なかなか難しい定期昇給やベースアップなどの取り組みが、大手では難なくかなうという点も大きなポイントといえるだろう。
ベンチャー企業から大手に転職という流れは、今後もますます加速していくことが予測される。ネットワークサービスの台頭やグローバル化の進行などの不確定要素が増している社会では、より安定志向が求められるのだ。

↓↓↓ とりあえず大手に転職したい方はコチラ ↓↓↓

リクルートエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


おすすめ転職エージェント
【レバテックキャリア】IT・Webエンジニア専門エージェント
IT系の転職では一押し!一人一人を丁寧にサポートしてくれます。
【メイテックネクスト】ものづくり系エンジニアの転職エージェント
ものづくりエンジニア転職に実績あり!面談転換率65%以上!
【マイナビクリエイター】クリエイティブ職の転職に強い
マイナビ系列のIT特化型!
【TechClips】ITエンジニアのための転職エージェント
VR、AI(人工知能)、機械学習、データサイエンティスト!
最近の投稿