SE転職のおすすめサイトをランキング|高収入・高年収を狙えッ!

SierSEから製造業の社内SEへの転職は可能か?

2018/01/09

製造業SEの転職はココ

【レバテックキャリア】IT・Webエンジニア専門エージェント
IT・Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービス
レバテックキャリアは、IT・Web業界専門の転職エージェントです。技術面に精通した専任のスタッフが、キャリアの相談から、企業の提案、条件面交渉など、トータルな転職サポートを提供してくれます。レバテックキャリアは、システムエンジニアリングサービス(レバテックフリーランス)での実績を活かし、関東、関西を中心にサービスを展開しています。求人数は4000件以上を保有しています。また、非公開求人数が多いのも特徴です。キャリアアドバイザーは、個人の志向性に合った求人を提案してくれます。
総合評価
★★★★★
求人数
★★★★
キャリアスタッフ
★★★★★
実績
★★★★★
コメント
IT系の転職では一押し!一人一人を丁寧にサポート
【メイテックネクスト】ものづくり系エンジニアの転職エージェント
ものづくりエンジニア転職に実績あり!面談転換率65%以上!
第二位は、製造業のエンジニア転職で評価の高いメイテックネクストです。リクナビNEXTエージェントの総合満足度は常にトップクラスです。求人数は、常時6,000件以上でエンジニア系にかなりの強みを持っています。製造業に40年の実績を持つ「メイテックグループ」の ”製造業のエンジニア”に特化した転職エージェントで、機械・電気・自動車等の分野に強いのが特徴です。申し込み後、登録面談まで達する割合はなんと...″65~70%"以上と、利用者からの信頼が厚く、是非とも登録したい転職サイトの1つです。
総合評価
★★★★★
求人数
★★★★
キャリアスタッフ
★★★★
実績
★★★★★
コメント
機械・電気・自動車等、製造業系のエンジニアにおすすめ

SEという職種は?

SEというのはあくまで職種であるため、同じSEであってもどのような業界、業種で働くかによってその仕事内容や勤務環境はまちまちです。ここでは、製造業の社内SEからIT企業のSEに転職した体験談をご紹介するので、今後転職を検討される方は参考にして欲してください。まず、SEという職種は最終開発する目的である製品の仕様を設計し、プログラマーが開発できるための設計書を作成することが主な仕事です。ただ、その開発する製品が自社の製品であるか、その仕事単位に全く異なる製品であるかでSEの仕事内容は大きく変わってきます。

製造業SEの現在の状況はどう?

現在、製造業において社内SEの需要が高まっということはご存じのことでしょう。これまでの製造業の社内SEは、社内のシステム運用や、利用者からの照会を受け付けるヘルプデスク的役割を行っているケースがほとんどでした。しかし、最近は、製造業の競争激化により業界全体のSEの市場価値が高騰したこともあり、システム開発は自社内で行った方がより効率的だと判断されるようになりました。それにより製造業の社内SEのニーズはますます高まっております。

↓製造業転職サイトはコチラ↓

 

製造業SEの平均年収は?

製造業SEの待遇製造業に限らず、社内SEは他のSEと比べ比較的良い待遇にあると言われています。最近成長が著しい製造業における、社内SEの待遇も好待遇です。給与、残業時間が多いか少ないかの面で待遇を比べてみると、般的に言われているSE全体の平均年収は約650万円です。製造業に絞ってSEの年収を見てみると、おおよそ同等の650万円程度と言われています。一般的な給与水準を超えています。なお、製造業の社内SEは、製造そのものに関わる大規模なシステム開発を任せることが多いため、残業も多いと言われています。製造業全体の平均残業時間を語るのは難しいですが、傾向としては住宅設備を製造する会社やゲーム製造会社は比較的残業時間が長いと言われています。

SEの狙い目の業種はどこ?

反対に自動車関連の製造を行う会社は、残業が少なめです。自動車製造関連会社は会社規模が大きく人事制度が整っているため、残業が厳しく制限されているからです。残業時間の少ない製造業の社内SEを狙っている方は、自動車関連のSEがいいかもしれません。

製造業SEの今後の展望は?

現在の事業がうまく行ってるとしても、未来のない業界に身を置きたくないことは、当たり前ですね。しかし、製造業SEの求人はますます増えております。日本を支える一大産業である製造業の社内SEは、自動車部品や家電メーカー等でも、ますます規模が大きくなると言われます。また、製造業のIT投資が進んでいる、ここ5年10年で特に海外競争力のある大手自動車メーカーなどは自社のIT投資を盛んに行っています。大手メーカーのIT投資は益々増えており、社内SEのニーズがどんどん高まっています。製造業のIT投資額の増加の割合はなんと、16パーセントです。これは、金融業の全体投資額の割合の7.9パーセントと比較してとても多くなっています。

↓製造業転職サイトはコチラ↓

 

製造業SEの待遇と将来性

製造業で社内SE年の知識や経験を習得することで、さらなるキャリアアップにもつながります。転職する度に年収アップの可能性もあり、非常に将来は明るいです。また、システム監査技術者、ITストラテジストなどの資格をとることは、SEとしての業務経験があると、取得にかかる時間はそれほどではありません。比較的取りやすい資格なのに、客観的に高い評価を得ている人気の資格です。転職でキャリアアップを狙っている方は、是非取っておきたい資格ですね。資格試験のテキスト買って独学で十分取得できる資格なのでがんばりましょう。

社内SEとSier系SEとの違いは?

製造業はシステム開発ベンダーと異なり、基本的に自社製品を製造開発しているということだ。当たり前のことだが、このことがSEが普段行う仕事に大きな影響を与えることであることがわかったのだ。自社製品というものは、その企業が過去から製造、販売してきている商品であるため、ベースの知識や技術がしっかりと押さえられている。

そのため、新製品を開発する際であってもベースとなるコンセプトやコア部分の技術が大幅に変更になることは少なく、今まで保有しているスキルで安定して計画的に製造作業を進めていくことができるのだ。しかし、自社製品を開発しないIT系の開発ベンダーは常に新しい技術を習得していく必要があり、現状のスキルレベルを維持するだけでは新しい仕事を受注していくことは簡単ではない。このように、製造業の場合は常に同じ商品を製造して販売するため、製造ラインが商品を大量生産できる仕組みになっている。

少ないコストで大量に商品を製造することが可能であり、システム開発ベンダーの開発作業よりも効率の良い製造作業を行うことができる。しかし逆に言えば、製造業のSEを行っていてもSEとしてのスキルの向上を図ることは難しく、SEとしての自分の存在価値を少しでも高めていきたいのであれば、日々ユーザーからの新しい要求仕様に対応していくことが求められるシステム開発ベンダーの方が適しているといえるのだ。 ただ、常に新しい技術を追い求め、自分のものにしていくということは必ずしも簡単なことではない。ユーザーからの要求を分析し落とし込むのがSEの仕事の醍醐味なのかもしれない。

↓製造業転職サイトはコチラ↓

 

製造業の社内SEへの転職するなら転職エージェントを利用しよう

結論としては、SierSEから製造業の社内SEへの転職は可能です。そこで転職を考える際の手段ですが、転職を考える時、求人情報はハローワークやインターネット、転職サイトなどを利用します。その中でも転職エージェントは、最も有効な手段です。一般的に転職エージェントは、総合型とIT業界特化型に分けられます。今回は製造業の転職を目指すことになりますので、IT業界特化型がおすすめになります。

↓製造業転職サイトはコチラ↓

 

おすすめ転職サイト

サポタント
社内SE転職ナビ
Aidem Smart Agent
マイナビクリエイター
アールストーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


おすすめ転職エージェント
【レバテックキャリア】IT・Webエンジニア専門エージェント
IT系の転職では一押し!一人一人を丁寧にサポートしてくれます。
【メイテックネクスト】ものづくり系エンジニアの転職エージェント
ものづくりエンジニア転職に実績あり!面談転換率65%以上!
【マイナビクリエイター】クリエイティブ職の転職に強い
マイナビ系列のIT特化型!
【TechClips】ITエンジニアのための転職エージェント
VR、AI(人工知能)、機械学習、データサイエンティスト!
最近の投稿